土日祝日営業

お子様連れ妊婦さん歓迎

LINEで24時間予約可能

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


こんにちは!!


倉敷市下庄もんじゃる鍼灸整骨院の


三村です( ^ ^ )


昨日、どこかを痛めた時


冷やした方がいいのか?


温めた方がいいのか?


についてのBLOGを書きました( ´ ▽ ` )ノ



FullSizeRender-41
まだ昨日の投稿を読んでない方

先にそちらのBLOGを

読んでください!!

⬅︎昨日の投稿はこちら




昨日の投稿ではまず大原則に


痛めた時はまず<冷やす>


そして


ズキズキする痛みが落ち着いたら<温める>


というお話をしました


ただ!


<ズキズキした痛みが落ち着いたら>だけでは


判断しづらいじゃん!!


って言うところまで書きましたね


さて今日はそこからです


じゃあどうすれば判断しやすいのか!?


結局は<温めるか><冷やすか>


どちらかなので


痛みが大分引いたな〜と思ったら


とりあえず温めてみてください


大切なのはここから!!


温めた後・・・・


『あれ?なんか痛くなった・・・』


とか


『あれ?なんか違和感が・・・』



なんて感じが出てきたらまだ


温める時期ではないってことです!!



こうすれば、あ!まだ冷やした方がいいのかな


って思いますよね( ´ ▽ ` )ノ


ちょっとおさらいをします!!



gikkuri1

①痛めたところはまず冷やす

 大体痛めてから1~3日間は冷やして下さい

②少し痛みが落ちついて来たと感じたら

 とりあえず温めてみる
images


③・温めて楽になる感じがしたら

  それから先は温めてOK

  ・温めて不快感や痛みがあれば

  温めるのはNG

     まだ冷やす方を優先する


こんな感じです!!


みなさんに分かって頂きたいのは


温めるも冷やすも両方必要


そのタイミングが大事って所です


このタイミングを間違えると症状が


悪化してしまうこともありますからね(T . T)


最後にもう一つ!!


こんな症状があったら必ず冷やして下さい!!⬇︎⬇︎



・痛めた場所が熱を持っている

・赤くなっている

・腫れている

・ズキズキ痛む

・動かせない位痛む


これらの症状は炎症が起きている証拠

なので必ず冷やして下さいね!!
IMG_0546
⬅︎その他のBLOGはこちらから!!