こんにちは!
もんじゃる鍼灸整骨院の
@monjaru_miku)です

今日は、女性に多いお悩み
『貧血』についてお話したいと思います

ほうっておくと危険な貧血
女性の方はとくに今日の記事を
ぜひチェックしてみてください!


ほうっておくと危険な貧血



自覚症状の少ない貧血ですが。。。

治療せずに放置していると
子宮筋腫など女性特有の病気や
胃潰瘍、肝硬変などの病気の原因にもなります

主な症状として
・疲れやすい、だるい
・うつ気味
・階段を登るのがつらい
・顔色が悪い
・頭の働きが鈍くなる
・動悸、息切れ
・立ちくらみ、めまい
・手足の冷え
・爪がもろい

これらの症状がある人は
貧血の可能性があります



貧血の原因



貧血の大半は『鉄欠乏性貧血』

これは血液中の赤血球が少なくなるため
酸素を運搬する能力が低下する病気です

発育発達期にカラダがどんどん成長して
女性は生理など、鉄分を中心にして
造血がおいつかない時期が訪れます

生理で鉄を失うことが多い女性に多く
日本人女性の約20%が貧血である
と言われています

貧血になると身体中の組織で
酸素不足が起こり
疲れやすくなったり、食欲低下、
イライラするなどの症状が現れます


赤血球の主要の成分である
ヘモグロビンは
血中で酸素を全身に運ぶといった
重要な役割をしています

ヘモグロビンとは
ヘム(鉄)
グロビン(タンパク質)の複合体で
ヘムタンパクとも言われます

つまり、タンパク質が不足すると
必然的に赤血球を作ることができず
貧血になるということが起こるのです

もちろん原因はそれだけではありません

鉄、ビタミンB12、葉酸などの不足や
胃潰瘍、胃癌などの消化器系の病気
腎機能の低下によるものなど
さまざまなケースが考えられます

そして、貧血と間違われやすい症状が
低血圧の立ちくらみです

低血圧で
血圧が下がったり、心拍数が少ないと
脳への血液循環が一時的に不足します

すると立ちくらみといった
症状がカラダに起こります

これは脳貧血であり、
血液が薄いわけではないので
貧血と低血圧の立ちくらみの症状は
違うということだけ覚えておいてください


貧血時のカラダのケア


貧血になった場合
食生活の見直し
まずはタンパク質を補うこと

しっかりタンパク質を摂取し
カラダの中の赤血球を増やしましょう

また、よくサプリメントを摂る
という方もいますが

貧血が起こった場合
カラダの鉄分は
約半年分の備蓄も含めて
失われています

なので、サプリメントなど鉄薬の補給は
備蓄の分も含めて
約半年は続けてみてください

女性は知らず知らずのうちに
カラダに負担がかかりがちです

貧血の症状が和らぐだけで
『カラダってこんなに楽だったんだ』
と感じれると思います

症状を感じていなくても
隠れ貧血の場合もあります

普段からカラダのケアをしてみてください