こんにちは!!


倉敷市の鍼灸整骨院


もんじゃる鍼灸整骨院の


三村学人です( ´∀`)


痛いの痛いの飛んでいけはただのおまじないじゃない??

images2


『痛いの痛いの飛んでいけ』


って皆さんも小さい時


母親にしてもらったことありますよね??


どこかに頭をぶつけってしまった時なんかに


スリスリさすってもらって


痛いの痛いの飛んでいけー!!


って!そう!あれです( ^ ^ )/


しかも本当に痛みが和らいだ覚え


がないですか??笑


実はこれ


ただの思い込みやおまじないって


わけではないんです!!


ちゃんと痛みを感じにくくするような


システムが発動してるんですよ!!


ちなみのこれを


「ゲートコントロール理論』


と言ってしっかり名前まで


ついてます( ´∀`)

ゲートコントロール理論ってなんぞや??

IMG_8653481A503A-1


詳しく説明するとやっかいなので


超簡単に説明しますね!!笑


まず最初に知って欲しいことが


『痛み』を脳に伝える神経繊維


触覚(さする)』を脳に伝える


神経繊維全くの別物と言うこと!!



ちなみに


痛みが脳に伝わる速度と


触覚(さする)が脳に伝わる速度


どちらが早いと思いますか??


これ実は


触覚(さする)方なんです!!



だんだん答えに近づいて来ました・・(笑)



それではまず皆さんが何か痛い思いを


したとしましょう・・・




download-1


その情報は痛みを伝える神経繊維を伝って


脳へと伝わって行きます


その時


痛い場所をさすったとします


download

そしたら今度は


さすった情報が触覚を伝える


神経繊維を伝って脳へと伝わって


行きます


ここで先ほどのお話


痛みと触覚では触覚の方が


脳へ伝わるのが速いんでしたよね




もうすぐ答えです!!笑





痛い場所を何度もさすることによって


その情報が痛みを伝えている神経を


追い越すかのように


脳へと伝わって行きます


そうなると


実は痛みを伝える神経繊維より


触覚(さする)を伝える神経繊維の方が


優位に働き始めるんです!!( ^ ^ )/


脳も


あれ?痛いんだっけ?さすられてるんだっけ??


と軽い混乱状態・・・


download-2


こうなるともう


こっちのもんです!!!


完全ではなくとも痛みは


和らいでいるはずです( ´∀`)


これが


『ゲートコントロール理論』


ってやつです!!


実は鍼灸治療においても


鍼の刺激によってゲートコントロール作用が


起こることがわかっています!!


鍼灸治療が痛みを取ることに対して


即効性があるのもこれが一つの理由です( ^ ^ )/


ですので僕たちも


『痛みを早くとるのはやはり鍼ですね!』


と患者さんにもよくお話しています( ´∀`)


強制的に鍼を打つことは決してありません


のでご安心ください(笑)


痛いの痛いの飛んでいけから


すごく長い話になりましたが


最後まで読んでくださり


ありがとうございました( ^ ^ )/


それではまた次回!!


鍼灸治療 ¥4000

LINEで24時間予約受付中!!登録はこちらから⬇︎⬇︎

FullSizeRender-81

画像をクリックすると登録画面にいきます( ^ ^ )


下記のフォームからもご予約可能です!!
  1. ※必須
  2. ※必須
  3. ※必須
  4. ※必須
  5. 気になる部位

  6. 気になるメニュー

 

img_sche