こんにちは!
もんじゃる鍼灸整骨院です

今日は、女性はとくに気をつけて頂きたい
冷えについてお話ししていきます

これから寒くなる時期なので
冷え対策をしっかりしていきましょう!


冷えとは


一般的に
人間の深部体温は37度で保たれています

外気温が下がると
手足や表皮の血管を収縮し血流を低下させ
体内の熱を逃さないようにして
深部体温を維持するように働きます

この状態が長く続くと
手足や表皮に温かい血液が運ばれなくなり
末梢の体温が下がって冷えを感じます


冷えになりやすい人


冷えになりやすい人は

・活動的でない人
・胃腸の働きが弱い人

こういった人は、カラダの熱をうまく作れない
せっかく熱を作っても手足などカラダの隅々まで
運べないといったことが起こります

この場合、代謝を高めることが必要です


代謝とは


代謝とは

・食事などでカラダに取り込んだ栄養を
 エネルギーに変える
・カラダ中に巡らせる
・カラダの構成物質(骨・血液・筋肉・脂肪)
 をつくり修復する
・いらないものを排出する

など、食事を摂取してから排出するまで
カラダの中で起こる一連の活動をしています



代謝を上げるためには


代謝を上げるためには

・筋肉量を増やす
・内臓の働きをよくする
・睡眠をとる
 (個人差はあるが7時間以上取れれば◉)
・脳の働きを高める
・栄養摂取
 日本人は、ビタミンA.C.D.カルシウム.食物繊維が
 不足しがち
 (これらはなるべく多くの野菜をとると改善できます)

また、脳の働きを高めるというのも。。。

脳は基礎代謝の20%を占めています

・見たことのない景色を見る
・コミュニケーションをとる
・食べたことのないものを食べる
・したことのないスポーツをしてみる

など、脳に新鮮な刺激を入れて上げることで
基礎代謝も自然とアップするそうです

今月は、もんじゃるでも
あずき枕とホット甘酒で
ポカポカ活動を行っています

冬に向けて、外から温めるだけでなく
カラダの内から温めていきましょう