こんにちは

もんじゃる鍼灸整骨院の
柴原(@monjaru.yuri)です


今日は

よく『骨盤がズレている』ということを
耳にしますが、

何がどうズレているのか
どうしてズレるのか

そのズレについて
お話しさせていただきます



IMG_0199


骨盤は左右の腸骨、恥骨、坐骨からなる寛骨と
仙骨、尾骨を合わせたもを言います。


骨盤のズレは
前額面、矢状面から観察します

前額面(正面から見る)
・左右の傾き
・開いていないか
・ねじれがないか

矢状面(横から見る)
・骨盤の前、後傾

では、なぜズレるのか

このような癖がある方は注意です

 □ 立っている時お腹が出るような立ち方になっている

 □ よく足を組む

 □ 片方の足に体重をかけている

 □ 長時間同じ姿勢を続ける事が多い


どれか当てはまるものはありましたか?



骨盤は先ほどもお伝えしたように
8つの骨が合わさって構成されています。

骨盤にも関節があり
日常生活動作の中で
筋や関節の左右の差やバランスの違いが生まれ
ズレや痛みが出てきてしまいます



IMG_0198

骨盤は体幹の土台となるところで
骨盤の動きやズレよって
背骨や肋骨、筋肉のバランスが左右されます。

その左右差により
関節にねじれや剪断力がかかり
痛みの原因になることもあります


また、筋肉を使いすぎて過剰に収縮してしまった状態だと
筋肉が十分に働けません。


骨盤矯正では
骨盤や股関節周りの筋肉を緩め
関節の動きを出しやすくします


しっかり筋が働ける環境を整えた後
必要な時に必要な力が発揮できるようにしていくことで
ズレによる痛みや不調を改善していきましょう