こんにちは

もんじゃる鍼灸整骨院の
柴原(@monjaru.yuri)です!!


体の動きで重要な胸椎の柔軟性について
お話しさせていただきます!


胸椎の柔軟性


猫背などの不良姿勢から

胸椎の硬さや動きの悪くなる

といった状態につながります。


年齢、性別問わず
胸椎の柔軟性は
様々な不調、悪影響をもたらします


12


上に頚椎、下に腰椎があり

胸椎の柔軟性が

首や腰に影響してきます



あくまで参考可動域なので
必ずしもこの数値でないといけない
という訳ではありません!

3

※胸椎の可動域は
胸腰椎で屈曲105°、伸展60°で
引き算で得られます。


回旋角度は腰椎は極めて小さく
腰をひねる
という動作は
実は 胸椎 
でほとんどが行われています!




21

胸椎は生理的後弯はありますが
背中の筋肉や腸腰筋と呼ばれる
股関節の前の筋肉が弱くなると
骨盤は後傾し、胸椎の後弯も増強してしまいます


胸椎後弯が増強されると、、、

○肩関節の動きが悪くなる
(最終可動域は胸椎の進展に頼っている)
→肩甲骨の運動障害を伴い
腕の骨が肩甲骨に衝突して痛みが出る

○歩行速度が低下し、転倒のリスクが上がる
→後弯の角度の増加が
歩行の移動速度の低下に関与している


このように胸椎後弯角度の増加は
悪影響を生みやすいです!


女性への悪影響

6e1b92bb6dda145c62bba0bc752606ae

また、女性で気にされている方も多い
「くびれ」

内・外腹斜筋や皮下脂肪の厚さの関与とともに
大事なのは

胸椎を伸展させ
胸郭を上げる

胸椎を正しく伸展させると
胸の位置が高くなる
→バスト、デコルテラインアップ


肋骨が締まりながら引き上がる
→くびれの位置が上がる

→→猫背改善にも繋がる




胸椎の伸展を出し、動きを良くすることで

スポーツ動作や姿勢改善、高齢者の転倒予防
くびれやバスト、デコルテアップなど

年齢を問わず様々な症状や姿勢、動作の
改善へと繋がります!!


簡単!胸椎伸展エクササイズ!!


胸椎の伸展の動きを出すべく

お家で簡単にできるエクササイズをご紹介します!


41

胸椎の伸展は立位で行うと
腰椎の伸展(腰が反る)が先に出るため
正座をして腰椎の伸展を制御します。

運動の前後で腕の上げやすさを比較すると
違いが分かりやすいです


ぜひ皆さんも胸椎の伸展の動きを出して
美容、健康のための
体づくりをしていきましょう