こんにちは!
もんじゃる鍼灸整骨院です

以前、東洋医学の体質診断のブログが
好評だったので。。。

今日は東洋医学のお話をしていきたいと思います

まず、前回の記事をチェックしてみてください



カラダを支える3本柱


東洋医学でとても重要と言われている


この3本柱がしっかりしてこそ
健康なカラダを保つことができます

協力しあってカラダを支えることで
日常の天候の変化で起きるだるさやストレス、疲労など
さまざまな感情のコントロールができるようになります

また、女性であれば
辛いPMSも改善できる可能性もあります


柱の構成はそれぞれ




これらがバランスよく保たれている場合と
どれかが減っていたり、逆に増えすぎていたり。。。

それぞれの柱の傾きによって
カラダの変化を感じます

気の柱が傾いている、血の柱が傾いている
1本だけでなく2本・3本と傾いている場合も

このような人それぞれの違いを
体質と言います

この体質の状態を大きく6つご紹介していきます!


状態チェック


=元気
エネルギーが足りているか

不足していると
気虚という状態です
また、ストレスがカラダに溜まってしまうと
気滞という状態になります

栄養が足りているか

不足していると
血虚という状態です
また、栄養が巡らず滞ってしまうと
瘀血という状態になります

水が巡っているか

留まっていると
水滞という状態になります

水滞となると
カラダに水分が溜まり
むくみの原因になります


これらの詳しい内容は
東洋医学診断のブログに載っているので
ぜひ参考にしてみてくださいね